町 英和 (バリトン)
HIDEKAZU MACHI, Bar.

 

プロフィール

国立音楽大学、同大学大学院を首席で修了。
新国立劇場オペラ研修所第6期修了。
文化庁在外派遣研修員としてボローニャに留学。
公益財団法人ローム・ミュージックファンデーションの助成を受けミュンヘンに留学。
これまでに、兵庫県立芸術文化センター芸術監督佐渡裕指揮では2006年『蝶々夫人』神官、2012年『トスカ』シャルローネ、2013年『セビリヤの理髪師』バルトロ、2014年『コシ・ファン・トゥッテ』ドン・アルフォンソ、2015年『椿姫』ドビニー侯爵に出演。サイトウキネンフェスティヴァルでは2010年『サロメ』カッパドキア人、「セイジオザワ松本フェスティヴァル」では、2015年ファミリーオペラ『子どもと魔法』大時計、雄猫、小澤征爾音楽塾においては12年特別演奏会『蝶々夫人』シャープレス、2014年『フィガロの結婚』アントニオ、2015年『子どもと魔法』大時計、雄猫に出演。新国立劇場では2009年芸術祭公演『メリー・メリー・ウィドウ』ツエータ男爵、2010年研修所公演『ファルスタッフ』題名役、2012年『沈黙』通辞役、尾高芸術監督による特別企画『ドン・ジョヴァンニ』マゼット、2014年『ドン・ジョヴァンニ』マゼット、2015年『沈黙』の再演同役、2016年『魔笛』弁者、2016年静岡県民オペラ『イリス』キョートなどに出演し常に高い評価を得ている。2016年12月にはNHK交響楽団定期公演シャルル・デュトワ指揮『カルメン』ダンカイロへの出演が予定されるなど主要な公演に意欲的に取り組み知性豊かな楽曲解釈で聴衆を魅了している。


 

リンク

 

ARTISTS