柳原 由香 (ソプラノ)
YUKA YANAGIHARA, Sop.

 

 

プロフィール

沖縄県立芸術大学音楽学部音楽学科声楽専攻卒業。第7回おきでんシュガーホール新人演奏会グランプリ受賞。第16回ABC新人コンサートに出演。明治安田クオリティオブライフ文化財団海外音楽研修生として、ハンス・アイスラー音楽大学ベルリンに留学。トーマス・クヴァストホフ、ユリア・ヴァラディ、マスタークラスでグンドラ・ヤノヴィッツ、リート解釈をヘルムート・ドイチュ、ヴォルフラム・リーガーの各氏に師事。ドイツ・ベルリンを拠点とし、演出家ダヴィッド・マルトン、スヴェン・ホルムと共に、現代音楽オペラ、Musiktheaterでヨーロッパの劇場で活躍。ミヒャエル・ヴェアトミュッラー、アレクサンドラ・グリカ、久保摩耶子など、国内外の現代作曲家の初演を歌う。ベートーベン「第九」、オルフ「カルミナ・ブラーナ」、ヴィヴィエ「ブカラ」のソリストを務めるほか、2010年には、ベルリン・HAU劇場で、オッフェンバッハの歌劇『ホフマン物語』のアントニア、ジュリエッタ、オリンピア、ステッラの4役を歌い、2015年NISSAY OPERAモーツァルトの歌劇『ドン・ジョヴァンニ』(菅尾友・演出、広上淳一・指揮、読売日本交響楽団、日生劇場)では、ドンナ・エルヴィーラ役を歌い好評を得る。2016年夏には、エストニア・タリンのビルギッタ音楽フェスティバルにて、モーツァルトのレクイエム(ジョエル・ローウェルス・演出、ミハエル・ゲルツ指揮、タリン室内楽オーケストラ)のソプラノソロを歌い好評を得る。現在、ミュンヒナー・カンマーシュピーレにて、若手ハンガリー演出家ダヴィッド・マルトンによるベッリーニの歌劇『夢遊病の女』アミーナ役で出演。2017年京都フィルハーモニー室内合奏団45周年記念公演に於ける日本人委嘱新作初演での好演は記憶に新しい。

 

 

リンク

 

ARTISTS